【ネタバレなし】『ハッピー・デス・デイ』ポップなホラー!誕生日に死ぬ無限ループ!【レビュー】

2021年5月26日

happydeathday

出典:( (C)Universal Pictures )

star06

*ジャンル:ホラー
*キャスト:ジェシカ・ローテイズラエル・ブルサード
*監督:クリストファー・B・ランドン
*脚本:スコット・ロブデル
*公開:2019年06月

*評価 (10段階):6
*ネタバレ:無

天真爛漫、自由奔放に生きる大学生ツリーは、誕生日の今日も、見知らぬ男のベッドで目が覚める。

いつも通り、周囲の人間から恨みをひと通り買って夜の誕生日パーティーへ。

その夜ツリーは、奇妙な面をした人物に殺される。

目が覚めると誕生日の今日。見知らぬ“はず”の男のベッドで目が覚める。

誕生日というサイコーの日に殺されるサイテーな日。ツリーはその一日をループし続ける。

奇妙な面をした人物の正体を突き止めるまで、ツリーは何度も死に続ける。

それも全て、「ほっといても来るはずの明日」のため。

引用元:『ハッピー・デス・デイ』予告編 – YouTube


観た!

ホラー苦手だけど、なんか観られそうだよなぁと思いつつ、ズルズルとここまで来ました。

勇気を出して観てみるとやっぱりサスペンス寄りで観られますね。しかも結構ポップ、イイネ。

これもまたポップさの一因となっているのですが、主人公ツリーのクズ具合がサイコー。

他人なんかどうでも良し。自分がハッピーならそれで良し。その清々しい程のクズ具合が、ストーリーに良いスパイス。

詳しくは以下掘り下げますが、退屈しやすいループものでありながら、色々な良い要素のおかげで中々退屈しません。イイネ。

評価は6としました。7でも良いかなぁってくらいだったけど、ちょっとオチが分かりやすかったかな。

ちょっと捻ってくれているけど、その割に結構分かりやすい。

残り20分くらいの時点で最後まで見えちゃったから、そこから少し厳しくて、うーーんすごく迷ったけど6にしました。

とは言え、ループから抜け出す法則が明確且つ分かりやすかったので、その点は良かったかな。

やっぱりループものは最後の閉じ方を気にしてしまうのでね。シンプルで分かりやすかったです。

以下、掘り下げまーーす。


ポップなホラー!しかもサスペンス寄り。ホラー苦手でも観られます

何処を見てもジャンルがホラーになっているのでホラーとしていますが、個人的にはサスペンスな気がするんですよね…。

それくらいサスペンス寄り。しかも映像、演技、雰囲気等々で非常にポップ。

文字通り面白く観られるホラー、加えてサスペンス要素もある。

色んな面から楽しめるホラー。ホラー入門には持ってこい。

主人公ツリーのクズ具合がサイコー

前述したように、本作の「ポップさ」を支える、主人公ツリーのクズ具合がサイコー。

完全に、自分を中心に世界が回っている。

ツリーからすると、周りの人間なんか殆ど、ツリーを中心に回る地球の自転で吹っ飛んでいく有象無象なんですよね。

この清々しい程のクズさが、ストーリーに良いスパイス。

主演女優のジェシカ・ローテは『ラ・ラ・ランド』にも出演している、まだまだこれからの女優さんのようですが、かなーり良い演技でした。

ツリーのクズさ、美しさを残しつつもわやくちゃに乱れる汚さ、それでいて自己中には必須スキルのみなぎる自信。

全部バッチリ。サイコー。

現代的な映像にテンポ良い展開、退屈しないループもので非常にマル

撮影が非常に現代的というか、若者向けな感じでとても見やすい。テンポが良くなる感じ。

ストーリー自体も結構テンポを意識されていて、良いリズムで展開します。

そうした要因一つ一つが、「ポップさ」という一貫したテーマを支えているように感じます。

ループものって、当たり前ですけど結構退屈しやすいんですよね。

同じ時間を繰り返している様子を観る訳ですが、基本的に毎回同じような行動を取る作品が多いんですよね。(やむを得ずそうしているものも含む。)

その点、本作は毎回違うように過ごす。

主人公ツリーの自由さ故のところが大きいのですが、そのおかげで「ループもの」という擦られ倒したテーマでありながら面白くしてくれる。すごい。

普通に考えたら、犯人捜しをするなら同じような毎日を過ごした方がいいんですよ。全部知っている訳だから。

でもそれをしないし、「同じように過ごせよ…」とも思わない。

ツリーの自由さだったり、癇癪に近いような反応だったりが違和感を持たせないんです。これって本当にすごく良く出来ている。

ループものは「閉じ方に目を向けられる」ディスアドバンテージ

僕の場合だと、残り20分くらいの時点でラストまでの展開がほぼ見えちゃったので、そこから結構退屈しました。

人によってはもっと早く見える場合もあるし、そうなると残りの時間は結構キツいかなぁ。

あまり邪推すべきでないことも分かっているのですが、それでもやっぱりループものは「ループからどう抜け出すの?」とか、「抜け出してどう閉じるの?」みたいなことに目が行きがちです。

そうなると、他のジャンルよりも終わりのことを意識しちゃうんですよね。

ヒントを多く出して、結構分かりやすくしてくれたけど、もう少し減らしてもよかったんじゃないかなぁっていう感じは否めません。

とは言え、結果的にループから抜け出す法則が明確且つ分かりやすいのは非常にマルかなと思いました。

個人的に、ループから抜け出す時に「なぜ?」となる作品が今まで多かったので、明確にするのはイイことですね。


.